忍者ブログ
ごきげんなときに書く日記
[50] [47] [46] [45] [44] [41] [40] [37] [36] [33] [32]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


12月某日。
僕はいつものように部屋で鼻をほじったり耳をほじったり、
ほじらずにほじる真似をしたりしていました。
そう、最近はやりのエアほじりです。

「へっへっへ、見なよジョンソン、SSSクラスの特大サイズだ。
 これをほじりだせるほじリストは、
 世界中を探しても俺とお前くらいのもんだろうよ。」

などとうっかり声に出してひとりごとを言っては
家族に心配されたりしつつも、
僕は至って真面目に、メガネ君に暮らしておりました。
そのメガネっぷりときたら、もうメガネっぷり
どころではなく、メガネっぷりぷりくらいのもので、
いわんやノビ・ノビータもびっくりするほどなのです。

そんな幸せほじリストな日常を満喫していた僕でございますが、
心のどこかに満たされない思いがありました。

ああ、僕は最近自分の曲をアレンジされていない。
アレンジされたいウッホッホ。

そうです、慢性アレンジされたい症候群です。
曲をアレンジされたいけれど、待てど暮らせどアレンジされない。
欲求不満の僕の生活は、荒れに荒れ狂いました。
アレンジされたい症候群をこじらせた僕は、
まさに野生のマウンテンゴリラと言っても過言ではありません。

朝の挨拶ウッホッホ。
ご飯の前にウッホッホ。
横断歩道は左右を確認、右手を上げてウッホッホ。
最近新しいゲームが出たドンキーコングに対抗心を燃やしつつ、
あーはやく僕のゲームがでないかなーほじほじ。
なぁんて、ついにはエアほじほじを始めてしまう有様です。
月の出る夜には人知れず涙を流し、
枕をじゃぶじゃぶ濡らしてはお洗濯していたものです。
そして星に願ったものでした。
はやくにんげんになりたーい。

ああ、その願いが届いたのでしょうか。
神は僕を見放してはいませんでした。
ある日僕の友人のKoya君が僕にこう言ったのです。

「初めましてウンコーヤです!」

ごめん、関係ありませんでした。
これではなくてですね、なんとKoya君が僕の
『ようこそ辺境へ』をアレンジしたと言うのです!

ありがとう、Koya君。サイコーです。
Koya君の言葉をかりるなら、それって楽園じゃないですか。
これで僕は朝におはようございますと言う能力を取り戻すことができました。
ご飯の前にはいただきますと言う。その素晴らしさを思い出しました。
でも、横断歩道はウッホッホのままでした。
夜の枕もお洗濯でした。

完全に野生化した僕が人間の姿を取り戻すには、
まだ少し足りなかったのです。
僕のウホウホほじほじお洗濯な日々は、
なおも続いてしまいます。

しかし、開けない夜など無いのです。時化もいつしか凪ぐのです。
神は僕を見放してはいませんでした。

ある日僕の友人の神庭Neonさんが僕にこう言ったのです。

「牛乳と卵はハレンチトーストよ!」

ごめん、関係ありませんでした。
そうではなくてですね、なんとNeonさんが僕の
『薄陽』をアレンジしてくれたと言うではありませんか!
ありがとう、Neonさん。
これで僕も人並みに横断歩道を渡ることができるのです。
黒いところは踏むとダメージを受けるので、
白いところだけを踏んで渡るという設定で
スリリングに駆け抜けることができるのです。

二人の救世主の大活躍によって、
今や僕は完全に人間性を取り戻しました。
はやくにんげんになりたーい。
毎夜枕を洗濯しながら星に願った、
その願いがついにかなったのです。
でも、ゴリラだった日々を忘れてしまったわけではありません。
あの頃の僕は、今も確かに、僕の中に息づいています。

ウッホッホ、ウッホッホ。ほじほじ。
PR
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
アクセス解析
Powered by ニンジャブログ  Designed by ゆきぱんだ
Copyright (c) ごきげん日記 All Rights Reserved
忍者ブログ / [PR]