忍者ブログ
ごきげんなときに書く日記
[51] [50] [47] [46] [45] [44] [41] [40] [37] [36] [33]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 
うっかりしていました。
あれほど注意していたのに、僕はやってしまいました。
いつものようにお気に入りのイヤホンを耳に掛け、
お気に入りの音楽とともに優雅なお昼時を迎えるはずだった僕。
しかし、いつも当たり前のようにあったその幸せは、
突如として僕の前から姿を消すことになったのです。

音がきこえない。
どうしたというのでしょう。
僕のお気に入りのイヤホンから、ウンともスンともペションとも、
全く音が出ないのです。
僕がどれほど熱心に語りかけても、
イヤホンさんは答えてくれるそぶりを見せません。

僕は、悲しみに明け暮れました。
今まで僕の音楽活動を支えてくれたイヤホンさん。
それが、今や物言わぬアクセサリーとして、そこに佇んでいるのです。

イヤホンさんから音がきこえなくなったのは、
イヤホンさんの故障でしょうか。
いいえ、違います。

僕は、気が付いてしまいました。

イヤホンさんが素敵な音を聴かせてくれること、
それを僕は、当たり前のことのように考えて、
気が付けば、僕のほうからイヤホンさんの
声を聴こうとする気持ちを失っていたのです。

そう、僕は、鼻にイヤホンを装着していたのです。

道理で耳垢みたいな臭いがすると思ったよ!こいつぁうっかり!
などと手を打って納得する僕。
迫り来る恐怖の大王。爆発するビーフジャーキー。

気が付けば本題と全く関係ないことを
書いている自分に愕然としている僕でございます。

そう、僕がここで語るべきことは、
ヴォイスドラマー教授と助手についてのお話です。

ある日、カレー好きで有名な君島三夜さん
から、僕に声がかかりました。

「ボイスドラマを作ろう。」

僕はそんな君島さんのお誘いを鼻の穴で聞きつつ、
返事をしたのです。

「ウッホッホ。(作りましょう)」

ボイスドラマは君島さんのサイト、「君の音。」のトップから、
即興、合同、と辿ると聴くことができます。
教授と助手のお話です。
僕のよくわからない声も、うっかり入ってしまっています。

再生ボタンを押せども押せども音が流れない。
そんなことがあったなら、
あなたも、鼻の穴にイヤホンが装着されていないか、
確かめてみてください。





PR
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
アクセス解析
Powered by ニンジャブログ  Designed by ゆきぱんだ
Copyright (c) ごきげん日記 All Rights Reserved
忍者ブログ / [PR]