忍者ブログ
ごきげんなときに書く日記
[15] [14] [13] [12] [11] [10] [9] [8] [7] [6] [5]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

いやはや、いかんとも申し訳ないのです。
何ともはや、面目次第もございません。
いきなりこんなことを言われても、
おそらく皆様には、何のことだかさっぱりわからんでしょう。
それもそのはず、まだ何のことだか何も説明しておらんのです。
まず、以下に引用する怪文書を見ていただきたいんですな。

>何だかとてつもなくポニョが見たいのです。
>だから見ます。もう、明日にでも見ます。止めても無駄です。
>そもそも止める人などいませんが、とにかく僕はポニョを見るのです。ウオオオオ。

この文字列がこのサイト、
夢にみた緑のトップページに記されたのが、
西暦2008年の8月14日。そう、ハイシの日ですな。
そんな日はありませんですな。

この文字列が発表されたのが8月14日。そして、今日が9月2日。
つまり、20日近くもの間、この文字列はずーっと
夢にみた緑のトップページに居座っておったわけです。
何と質の悪い。
明日にでも見ると言っておきながら、
この文字列はいつまでもいつまでもトップページに居座っておったのです。
全く人騒がせな話です。面目次第もございません。
と、まあ、大体この様な事情だったわけです。

 …さて、ええと、そう、そう、そうなんです。
ポニョを見たんですよ! 例の怪文書を発表した翌日に!
いやー、面白かったですよ。
具体的にどう面白かったかを説明してしまうとネタバレになってしまうので、
僕がポニョを見る前に想像していたポニョのイメージを以下に記すことにします。
そんなことをする必要性が全く見あたりませんが、あまり気にしないことにします。

 ぼくがかんがえたがけのうえのぽにょ

 彼に倒せぬものなど無かった。今まで現れた敵は全て倒してきたし、
これからもそうするつもりだった。どんな敵も自分の棒術にかかれば赤子同然。
彼はそう信じて疑わなかった。だが、違った。例外はある日突然現れた。
海に面した崖の上に「それ」はいた。
「それ」は弾力のある身体で彼の攻撃を尽く吸収し、無力化した。
彼が渾身の力を込めて物干し竿を振るっても、「それ」は全く動じなかった。
海に投げ込まれ、激流に飲み込まれながら、
彼はいつか必ず「それ」に雪辱すると誓い、
「それ」の名を深く心に刻み込んだ。
___崖の上のポニョ、と。

…実際はもちろんこんなろくでもない話では
ありませんので、どうかくれぐれもご安心下さい。

以下お返事です。尋常でなく遅れてしまって面目次第もございませんです。
あ、あと、返信の内容にポニョの割とどうでもいいネタバレがありますので、
それなりにご注意下さい。

>やべっテキスト読んでたら遊句さんが可愛く思えてきた・・・
やばいですよ、それは!
具体的にどうやばいかはわかりませんが、とにかくやばいですよ!ああやばい!

>そういや私ポニョ見た。フジモトさんが最高です。
全く同感です。フジモトサイコー、サイコーフジモトです。

>ポニョは見ましたか。
見ました。

>ポニョ見てきました~可愛いですよね~ どうでしたか~?
や、面白かったですよ。しかしポニョのわがままっぷりはあれでいいのか。
宮崎さんは神経症と不安の時代に立ち向かおうということをテーマに挙げてますが、
ポニョも含め、最近の宮崎駿アニメにはことごとく元気な老人が出てくるあたり、高齢化社会に
向けて活力ある老人になれというメッセージも同時に込められているような気がします。
実際に宮崎さんに聞いたら「違うよ」とか即答されそうですけれども。
PR
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
アクセス解析
Powered by ニンジャブログ  Designed by ゆきぱんだ
Copyright (c) ごきげん日記 All Rights Reserved
忍者ブログ / [PR]